国立千鳥ヶ淵戦没者墓苑

所在地 東京都千代田区三番町 2

千鳥ケ淵戦没者墓苑は、昭和34年(1959年)国によって建設され、戦没者のご遺骨を埋葬してある墓苑です。今から約69年前の大東亜戦争では、広範な地域で苛烈な戦闘が展開されました。この戦争に際し、海外地域の戦場 において、多くの方々が戦没されました。戦後、ご遺骨が日本に持ち帰られましたが、ご遺族にお渡し出来なかったものを、 この墓苑の納骨室に納めてあります。いわば「無名戦士の墓」とでもいうべきものです。 現在、36万96柱(平成26年5月26日現在)のご遺骨がこの墓苑に奉安されております

(公財)千鳥ケ淵戦没者墓苑奉仕会
電 話 03−3261−6700
FAX  03−3261−6712

内外高官の千鳥ヶ淵戦没者墓苑参拝
千鳥ケ淵戦没者墓苑の慰霊奉賛行事
千鳥ケ淵戦没者墓苑の四季(献花台生花・月間予定)
大東亜戦争時の海外戦没者と遺骨収容
鳥ケ淵戦没者墓苑の沿革
千鳥ケ淵戦没者墓苑の施設等
千鳥ケ淵戦没者墓苑周辺の今昔
千鳥ケ淵戦没者墓苑に参拝するには


(公財)千鳥ヶ淵戦没者墓苑奉仕会
 ・奉仕会会長挨拶
 ・千鳥ヶ淵戦没者墓苑奉仕会について
 入会及び寄付等のご案内
 ・参拝して想う(休憩所のノートより)
 ・会員ご夫妻によるアッツ島慰霊巡拝  
              動画;アッツ島慰霊巡拝



更新;7月12日